ホーム > 万が一に備えて
東京海上日動「海外旅行保険・留学保険(海外旅行保険・留学生プラン)」

万が一に備えて

ご旅行中のさまざまな万一のケガ、病気などを補償
東京海上日動の海外旅行保険は”安心”のパスポート

こんなときお役に立ちます

治療・救援費用

ケガ

交通事故をはじめ、さまざまな事故でケガをしたとき

Case1

イギリスで買い物中に階段から足を踏み外し転倒。救急車で病院に運ばれ診断の結果、大腿骨骨折と分かり、約10日間入院治療。その後、現地の医師と看護師に付き添われ日本の病院に移送。

傷害治療費用+救援費用
病気

かぜ、盲腸などの病気にかかったとき

Case2

シンガポールで病気になり現地の病院で約2週間入院後、日本の病院に移送。

疾病治療費用+救援費用
救援費用

継続して3日以上の入院等で親族が現地に駆け付けるとき

Case3

オーストラリアで交通事故にあい、ヘリコプターで最寄りの病院へ移送。約6週間入院後日本の病院に移送。

傷害治療費用+救援費用

賠償責任

お店の商品を壊した、ホテルの客室を水浸しにしたなどで法律上の損害賠償責任を負ったとき

Case

ヨーロッパのホテルでバスタブの水を溢れさせフロアー全室と階下3室を水浸しにした。

賠償責任

携行品損害

旅行鞄を盗まれたり、ビデオカメラを落として壊したとき

Case

ハワイで観光中に、ビデオカメラを落として破損。

携行品損害
(注)
  1. 携行品(パスポートを含みます。)の紛失または置き忘れ(紛失または置き忘れ後の盗難を含みます)による損害については保険金をお支払いできません。
  2. 携行品1個、1組または1対あたり10万円(乗車券等は合計5万円)がお支払いの限度となります。
  3. 携行品の盗難・強盗・航空会社等寄託手荷物の不着による損害については、合計で30万円が支払いの限度となります。

航空機寄託手荷物 <保険期間31日超>

航空会社に寄託した手荷物の到着が遅れ、
衣類、生活必需品、やむを得ず必要となった身の回り品等を購入したとき

※補償選択プランでご契約される場合、航空機寄託手荷物及び、航空機遅延をセットしてご契約はできません。
航空機寄託手荷物

航空機遅延 <保険期間31日超>

航空機が遅れた場合に宿泊費、食事代等を自己負担したとき
※補償選択プランでご契約される場合、航空機寄託手荷物及び、航空機遅延をセットしてご契約はできません。
航空機遅延

留学生賠償責任 <保険期間31日超>

お店の商品を壊した、アパートの部屋を水浸しにしたなどで法律上の損害賠償責任を負ったとき
留学生賠償責任

留学生生活用動産 <保険期間31日超>

アパート内の家財を盗まれたり、カメラを落として壊したとき
留学生生活用動産

留学継続費用 <保険期間31日超>

留学生の扶養者が事故により死亡または重度後遺障害となった場合、留学継続の費用をお支払いします。
留学継続費用
| 東京海上日動海外旅行保険・留学保険のトップページに戻る | 万が一に備えて | 安心のサービス内容 | 補償内容 |
| インターネット契約サービス | 安心セットプランの資料請求 | 補償選択プランの資料請求 |
| 利用にあたってのご連絡事項 | 会社案内 | 勧誘方針 | プライバシーポリシー | 海外旅行保険 |
取扱代理店:株式会社ライフケア 〒141-0021東京都品川区上大崎3-9-20-303
TEL:03−6277−2547 FAX:03−6277−2548
引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社